暑い暑い夏です

暑中お見舞い申しあげます。

暑い暑い日が続いていますね。
8月に入ってもう6日も経ちました。
毎日毎日の暑さにうんざりしています。

熱中症で亡くなる方がいらしゃますが、
この暑さで搾乳中のヤギや子ヤギが死にました。

突然の死で、ヤギ飼いのおじさんは気落ちして
いました。こまめに面倒をみている者にとっては
悲しい出来事です。この暑さ、もう少しやわらいで
くれないかしらね。

小菅沼の牧場のヤギも日中は影になる場所を見つけて
休んでいます。
月とヤギ
古代米の出荷の準備をするのにふれあい館にむかいました。(晩)
月明りの夜空は薄明るく、棚田や牧場が幻想的にみえます。
その月あかりの下で、ヤギ達が草を食べていましたよ。


翌日は、「こんにちわ富山県」の放映取材です。
取材
暑い最中の取材ご苦労さまでした。うまく話せたかどうだか心配です。
小菅沼のスローライフの良さを・・・・。
KNBのディレクターさんにおまかせですね。

週末は魚津じゃんとこい祭りの花火大会
朝しばらくは畑の手入れや草むしりを。
しかしギラギラ照る太陽を背中に受けての
作業は、大変!!
ポケットパークのベンチでみどりの風を受け
体の火照りを冷ましていたら、春美さんがきて
今晩は、ふれあい館でばあちゃん達と花火を
一緒に観ようと誘われました。
女が集まると先ずは、「花より団子」
おはぎをこしらえる事になり皆でワイワイ
話しながら、あづき・ごま・きなこ・くるみ
の四種類のかいもち(おはぎ)を。
花火1

花火2

お腹一杯食べていよいよ花火が打ち上がりました。
山と山との間に見える花火です。

花火3

花火を見ながらのばあちゃん達の日々是好日の会話が
良かったです。いつまでも元気でね。
スポンサーサイト

残暑お見舞い申し上げます

立秋の候・・・
暑さが続いた8月初旬
暑くて息するのも、しんどいし
吹き出る汗と、水の補給の繰り返し

立秋に降った雨の後は、暑さも一休みです。
もう秋なのかと思わせる澄み切った
青空を見上げて気持ちも体も一休みです。

気が付けば8月も半ば
もうすぐお盆です。
舌刈りに出掛けていたヤギ達は(埼玉県)
ひとまづ帰省中です。
小菅沼のヤギ牧場は、にぎやかしいですよ。


週末は相変わらず草刈りを予定しています。
きび畑の周囲を刈り込んだり秋野菜の下準備に
少しずつ取り掛かります。

ラジオから流れる気象注意情報では、天候急変が
ありそうです。
雨にも負けず、風にも負けず・・・草刈りです。
まだまだ残暑が続きます。体調管理しながら
乗り切らなくてはね。

しばらく見ていないキビ畑です。
成長具合が楽しみです。

鉢のきび
上の写真は、ヤギの杜おばさんの事務所の
鉢で育っているキビです。去年キビの精白を
した際のおちこぼれ種からでたキビです。

お盆休み

11日 キビ畑の草刈り
    赤かぶを植える場所の草刈り
    暑さとの戦いです。空から雨が降らない
    代わりに体中から汗の粒がポトポト!
    ただただひたすらに・・・・。

12日 早朝にらっきょうの畝つくりと夏野菜畑の手入れ
    昨日に続いて赤かぶを植える場所の草刈り
    午後は、バッタンキュー 
    一雨降らないかしらと・・富山湾を眺め休息を。
    萩子さんにお墓に供える盆花をいただき帰路。    

13日 午前中は本業の残務整理
    お昼に枝豆の塩煮をするからと
    お誘いを受け小菅沼へ。
    枝豆だけでお腹いっぱいに。
    ヤギの餌箱の位置を変えたりヤギ小屋の中の
    掃除をしてお盆を迎える準備を。
    
    夕方は、雷や大雨・突風でいままでに
    降らなかった分、まとめて降った土砂降り雨。

14日 気温は、少々和らいだが、湿度は高い。
    お墓参りをすませ、久し振りに盆踊りを
    見に行きました。
    畑の土も水分補給したようです。
    明日はらっきょうを植え付けします。
     

初心を忘れず・・・・

価値感は、人それぞれ違う。
違って当たり前。

目的や目指すものも人それぞれ違う。
ヤギと共に来て小菅沼の地に週末を
過ごすヤギの杜のおばさん。

嫌な事があっても、汗びっしょりかきながら
の草刈りや農作業は、忘れさってしまう。

手を掛けたらかけたように育つ植物達。
しかし厳しい自然条件で成果が表れない
場合も、幾度とあります。

お金に換算したらそれは微々たる収益。
損得ばかりを考えたら今すぐにでも
辞めなければならない。

鳥獣害対策の一環としてヤギを導入し、
耕作放棄地を少しずつ解消しながら
里山としての小菅沼の役割を果たすよう
地道に体を動かす。(ヤギの杜おばさんの
体力に応じた分しか出来ないが

先日赤かぶを植える斜面の草刈りした場所です。
赤かぶ草刈り2

4~5日経ってみると暑い日差しで草が枯れています。
8月の終わり頃野焼き(薙ぎ)をして種を播く予定です。
去年は芽が出たが暑さのせいで育ちませんでした。
今年は、場所を変えての挑戦です。

赤かぶ草刈り1
何でこんな事しているのかと聞かれると
返答に困る時もある。
「なんでだろう?」・・・・


最初に立てた目的に向かって小菅沼の地で育つ食材に
こだわって、やるしかない。

もちろん軌道修正もある時は、必要ですが
初心を忘れずに。

早朝の小菅沼

週末、相変わらず小菅沼へ
少々体調不良気味だったが、限られた時期と
限られた時間を、無駄にしてはならないので。

18日午後からアロマの樹木を植えた敷地に
雑草防除と美観を伴うように、
センチピートの苗の植え付け作業です。


市街地よりも暑さは多少しのげるが、太陽を
浴びると、じりじりと熱さが長靴の中を煮え立たせる。


20分も経たないうちに伏流水が流れる水路へ入って
冷やし、一休みの繰り返し。渇いた喉を潤すのに
伏流水を何杯も飲み汗を出すの繰り返し。


雨が降らないから、せっかく植えても根付かないのでは、
と心配しながらも、やるしかない!と気合入れての作業。


そのうちに、それぞれの仕事を終えたヤギ飼いのおじさんや
カモシカさんが、合流して周辺の草刈りや植え付けが終了。
1時間ぐらいの予定だったのが、3時間もかかってしまいました。


秋に、金木犀の花が咲き香りを放つのを楽しみにしています。


19日は、朝早くから沈丁花の周辺に植え付け。涼しい時間の
植え付けは手早く済ませ、後は耕作放棄地解消の為とヤギのエサと
なる燕麦の種播き作業。代表とカモシカさんとヤギ飼いのおじさん
の4人で、大きな田んぼを何往復もしながら手作業での種播きです。

重機を入れて開拓した土地には、蕎麦の種を播きます。長年放棄
していたため、雑木の根や石が混雑しています。
目につく根っ子や石ころを取り去る作業。
暑さの為に、心拍数が上がり休みながらの作業。
お昼は、代表の奥さんの豪快な手料理でおなかを
満たし、お昼寝タイム。

午後からの作業開始。
蕎麦の種を播く準備しているところへ、雷振動と
あやしい雲が!!
急いで播いているところにポツポツと雨が
もう少しもう少しと播いているうちに大粒の雨が
ザーザーと降ってぬかるみが出来るくらいに大雨です。

播き終えた頃には全員びしょぬれです。

凄い雨の量の多い事。
長靴の中にも雨がたっぷり入ってしまいました。


しかしたっぷり降った雨のおかげで
小菅沼の大地は、充分に潤い
センチピートの苗も根ずくのではないかと
期待しています。

雨のおかげでルバーブも水々しさを取り戻し
翌々日早朝にルバーブを収穫。

早朝の小菅沼

小菅沼で育ったブルーベリーを入れて
渋紙色のルバーブジャムに仕上げて
みましたよ。

ルバーブジャム

ブルーベリー入りルバーブジャムが
出来上がりました。

今年は、ようやくブルーベリーが鳥の
被害も少なく収穫できました。
冷凍保存して、随時使用してみますね。


ルバーブミックス

明日は稲作アート田の草刈り作業と赤かぶの種を
播く所の薙ぎ(野焼き)をメンバーで行います。

薙ぎ

25日土曜日
厳しい残暑が続いています。
早朝より稲作アート田の草刈り開始。
今日は、メンバーが増えて心強い作業です。

餅米
幅の広い畦畔を一気に刈り込み
稲作アート田は、こざっぱりときれいになり
田んぼのヤギもにっこり??笑っています。
9時すぎには、終了。
今日は、KNBテレビで、先日取材していただいた
「こんにちわ富山県」の番組が放映されるので
ふれあい館で休憩をとりながら、観賞。
(HPで動画が配信されています)

小菅沼・ヤギの杜をPRしていただきました。

地形的には、厳しさが伴っている小菅沼ですが
それゆえに景観がよく、映像からみる小菅沼は
一段と、良さを増していました。


午後は、3時から作業開始。
先日草を刈り込んだ場所に薙ぎを。


薙ぎ2
燃えきった草灰に赤かぶの種播きです。
太陽の陽と焼いた地熱の熱さの中
小さな赤かぶの種を斜面に播きます。

気合いをかけ、今日最後の力を?出して
種まき終了。


薙ぎ1

あ~あ今日も暑かった

双子池

小菅沼の田んぼを潤す水源地のふたご池です。
松倉の山々からの伏流水が底から湧き出るように
貯水した自然の池です。
手前は、女池と称し、少し奥にある池を男池と
呼びます。

ヤギの杜のおばさんは、時々この池を訪れます。
木々に囲まれ、水面に映れる反面木々の神秘さに
みとれてしまいます。

常盤色の水面に森の中の神秘さを味わえる小菅沼の
スポットの一つなんですよ。

そしてこの水は、小菅沼のお米のおいしさの要因の
一つでもあります。

稲作をしている方は、この池の水を大切に無駄に
ならないように、お互いに調整しながら、(我田引水
にならないよう)使用されています。


ふたご池

しかし雨が降らない日が続くのとお米の仕上げの
大切な時期です。池の水位が下がり
猛暑が続く間は、無駄のないようにと、管理されて
います。

一雨降ってほしいですね。

暑い暑い8月が過ぎます

昨日は、待望の雨が降りました。
畑の野菜苗や斜面に
播いた赤蕪の種に、恵みの雨です。

日の長さも少しずつ短くなってきました。

まだまだ気温が高いが、朝晩は少しずつ
気温が和らいできています。

8月は、暑さの中での農作業が続きました。

ただただひたすらに、体を動かして汗を
いっぱい流し、頭の中は考える力もどこへ
いったのやら、空っぽ状態。

ただいつも思う事は、体が動く事のありがたさ。
どうにか、健康で生きているありがたさ。
人生過半数過ぎている、ヤギの杜のおばさんです。

自然に、あるがままに、無理に背伸びせづ
初心を忘れず、
遊び心を忘れず、
ヤギ達との関わりから得る
一期一会を楽しんで行きたいですね。

明日からは、9月。
稲刈りが始まっています。収穫の秋ですね。  

プロフィール

小菅沼・ヤギの杜おばさん

Author:小菅沼・ヤギの杜おばさん
第三(山)の人生を楽しむおばさんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Flash Piano
白ヤギさんからお手紙ついた~~
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR